お風呂でリラックス

1日の疲れをとり、心を癒す事ができる簡単な方法は何と言っても、お風呂に入ることですよね。

ここでは、目的別お風呂の入り方をあげてみました。

○朝しっかりと目覚めたい時

熱めのお湯(42度前後)のシャワーを浴びましょう。
刺激を与えて身体を覚醒させます。
もしくは、高温のお湯にさっと入りましょう。(心臓の弱い人は注意してください)
熱い湯は交感神経を刺激し、血圧が上昇したり、心拍数も上昇し、新陳代謝が活発になります
ぬるいお風呂につかると、体がリラックスして、また眠くなってしまいます。

○安眠したい時

寝る前にぬるめのお湯(38度前後)にゆっくりとつかりましょう。
神経の高ぶりを抑え、心地よい眠りを誘ってくれます。
また、お湯と冷水を交互にかけると足があたたまり、むくみ防止にもなります。

○ダイエットをしたい時

ぬるめのお湯に入ったり出たりする事をくりかえしましょう。
血行を良くし、新陳代謝を高める効果があります。
新陳代謝が高まるので、ダイエットになります。
また、汗がたっぷりでるので、毛穴の掃除にもつながり、肌がきれいになります。
汗をかいた後は、水分補給をしましょう。

○ストレスを解消したい時

ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。
はりつめた精神の緊張をほぐし、ストレス解消に効果があります。
入浴剤やアロマオイルで好きな香りをプラスすると、もっとリラックスできるでしょう。

○リラックスしたい時

ぬるめのお湯にゆっくりつかりましょう。
身体を肩まで沈め、ぼーとするのがいいでしょう。
ぬるいお湯は、副交感神経を刺激し、心身をリラックスさせます。

○さっぱりしたい時

熱めのお湯に短時間入りましょう。
交感神経を刺激して、気分をリフレッシュさせます。
ただし、心臓の悪い人や血圧の不安な人は気をつけて。

○二日酔いの時

翌日にぬるめのお風呂で、汗をかきましょう。
二日酔い解消のコツは アルコール分を体内から早く排出してしまう事です。
入浴前にコップ 1〜2杯 の水を飲むと、汗が出やすくなります。
汗をたっぷり出した後は水分補給を忘れずにしましょう。
気をつけて欲しいのは、お酒を飲んだ時は絶対にお風呂に入らないように!

 

 

All copyrights(C) 2004 reserved by Rosa

 

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO